ジャッキーチェン主演の映画「タキシード」

先日、ジャッキー・チェン主演の映画「タキシード」を観ました。
やっぱりジャッキーのアクションはすごいですね!
この作品でもアクションが満載でした。
どんなお話なのかというと、冴えないタクシードライバーが、とあるきっかけで知り合った富豪の代わりに別の人物として悪の組織と戦うというもの。
冴えないタクシードライバーを演じているのが、ジャッキー・チェンです。
物語の初め、友人と一緒にとある画廊にいます。
そこで働いている綺麗な女の人に声を掛けたいのに、全然うまくいかないんです。
友人とどうやって声を掛けるかというイメージトレーニングもしているのに、その通りに言えず、空回り。
その後、自分のタクシーに戻った時、後ろから来ていたバイクの人にドアが当たってしまって事故を起こしてしまいます。
これはバイクの人怒るよね…という印象。
ジャッキーは、バイクの人から殴られまいと、何とか逃げるのですが、でもそれが反撃している感じにもなっていて、どんどん相手を逆に怒らせていきます。
画廊にいた女の人にも見られているし、散々…。
でも、このシーン、何気にすごい動きでかわしていて、ジャッキーってやっぱりすごいなと思わせてくれます。
その後、とある富豪から専属のドライバーへのオファーがあり、見事採用されます。
しかし、その富豪にはちょっと秘密があるようでした。
絶対には触ってはいけないと言われていたタキシードがあって、そこに秘密があるよう。
ある日、富豪と出かけた際に、事故に遭ってしまい、ジャッキーは何ともなかったのですが、一緒にいた富豪は大けがをしてしまいます。
そしてここでタキシードのことを知るのでした。
タキシードを着たジャッキーが、本当にすごいんです!
どうやってるの?と思うような体の動きをしていて、とにかくこの映画を観てほしいです!
冴えない感じなのに、タキシードを着たジャッキーは強くもあり、何でもできちゃう!
そのギャップにみんな惚れちゃうよねという感じがあります。
笑いもあって、恋愛要素もあって、尚且つすごいアクションも観れる映画ってなかなかないと思うので、ぜひ観ていただきたいです!

コメント