映画:あの空をおぼえてる

別の映画を見ていて、最初の映画紹介の中にあった映画でした。宣伝だけでも強烈な印象で、早く見たい!と感じたのを覚えています。
まず、物語は兄、妹、そして家族の仲睦まじい様子から描かれます。微笑ましく、暖かい家庭です。
とっても大きくオシャレな家に、子供の頃憧れたような木に立て付けられた秘密基地のような納屋等、別の視点で心揺さぶられる部分も沢山ありました。また、妹役の吉田里琴ちゃん(現在は吉川愛と芸名が変わっています)が、本当に可愛く、愛らしく、劇中の誰からも愛されるようなキャラクターにドンピシャだったのが本当に入り込めるポイントでもあったと思います。
そんなとき、兄妹が交通事故にあいます。そしてお兄ちゃんは一命をとりとめ、妹は亡くなってしまうのです。その日から、家族の間に亀裂が生まれます。そこから、お兄ちゃんがどうにかみんなを元気づけようと明るく振る舞ったり、妹を真似てみたり、子供ながらに色んなことを考えている姿には涙腺やられました。
出産前、出産後と何度か見返している作品ですが、結婚、出産前に見た初回のときは、お兄ちゃんの心情が痛いほど伝わって、もどかしく、胸が熱くなりました。妹へ宛てた手紙には、嗚咽が漏れるほどで自分でも制御が効かないくらいに泣けました。いつまでも塞ぎ込む父親に、苛立ちを感じたほどでした。しかし、産後改めて見たときには、もちろんお兄ちゃんの気持ちは同じように感じとれるのですが、父親の姿に胸を撃たれました。自分でもきっと同じようになっているだろうな、、、など親目線で見て再び泣けました。
なにせ、感動したい!涙活したい!というときにもってこいな作品だと思います。私はティッシュでは追い付かないくらい涙しました。

コメント